カズレーザーと学ぶ 高吸収クルクミン京都大学が大注目

<PR>高吸収クルクミン京都大学サプリメントが話題。大好き・カズレーザーがMCの、日本テレビ「カズレーザーと学ぶ。」を中心に、カズレーザーが出演の番組を追っかけます。忘備録てきな、ただのまとめじゃない?情報を提供予定!

「デニムスリッパの魅力を探る」 それって実際どうなの課

PR

それって!?実際どうなの課【日本一トランプを積む男】【家の不用品で一獲千金!?】

2020年6月17日放送  日本テレビ
博多大吉(博多華丸・大吉) 博多華丸(博多華丸・大吉) 大島美幸(森三中) 生瀬勝久 森川葵

【デニムスリッパ作りPart2】おばたのお兄さんがハンドメイドに挑戦!

前回の記事でお伝えした通り、おばたのお兄さんが足のサイズに合わせてデニムスリッパを作ることに挑戦しました。
厚紙を使って台形型の型を作り、デニムとタオルを切り出して片足2枚ずつ作ります。
今回は足の甲の部分にはチェック柄のシャツを使用しました。

デニム生地で作ったタオル2枚を挟んで、布用接着剤でしっかりと留めます。

【工夫とアクセントを!】
デニムスリッパの楽しさは、異なる柄や素材を組み合わせることで個性を引き立てることができる点です。
今回のスリッパでは、足の甲の部分に映えるチェック柄のシャツを選びました。

さらに、ふち取りには別々の柄の布を使い、50円玉幅になるように丁寧に仕上げました。
細部にまでこだわることで、オリジナリティあふれるデザインを実現しました。

【丁寧な手縫いで仕上げる】
次に、デニムスリッパの足底と甲の部分を手縫いでとめていきます。

手縫いならではの丁寧さと温かみが、スリッパに愛着を感じさせます。
手持ちの糸と針を使って、念入りに縫い進めていきます。
ここで、おばたのお兄さんは時間をかけながらも、丁寧にステッチを施すことで、スリッパの耐久性と美しさを追求しました。

【完成!】
最後に、足底と甲の部分の接地面をしっかりと補強します。
商談がまとまった時の握手ぐらいがっちりと接着剤で補強することで、長く使えるスリッパに仕上がりました。
おばたのお兄さんは、手作りのアイテムにはこうした目に見えない部分にもこだわることで、より良い品質を追求しています。

【出品と感想】
おばたのお兄さんの手作りデニムスリッパは、2,000円で販売される予定です。
個々の完成品には、おばたのお兄さんのこだわりと愛情が込められています。
足に合わせたカスタムメイドのスリッパは、履いた瞬間から心地よさを感じられるはず。

ぜひ、おばたのお兄さんの手作りデニムスリッパを試してみてください。

手作りのアイテムには、その温かみと手仕事の繊細さが魅力です。
おばたのお兄さんのデニムスリッパへの情熱とこだわりが伝わってきますね。

自分だけのオリジナルアイテムを手に入れたい方や、贈り物におすすめです。
ぜひ、手作りの世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか?足元から心地よさを感じられる、特別な時間を過ごせること間違いなしです!