カズレーザーと学ぶ 高吸収クルクミン京都大学が大注目

<PR>高吸収クルクミン京都大学サプリメントが話題。大好き・カズレーザーがMCの、日本テレビ「カズレーザーと学ぶ。」を中心に、カズレーザーが出演の番組を追っかけます。忘備録てきな、ただのまとめじゃない?情報を提供予定!

「圧接工のはじめの一歩」 それって実際どうなの課

PR

それって!?実際どうなの課【からあげはどれだけ食べても太らない?】【圧接工】

2021年6月16日放送  日本テレビ
博多大吉(博多華丸・大吉) 博多華丸(博多華丸・大吉) 大島美幸(森三中) 生瀬勝久 森川葵

このテレビ番組は、圧接工の仕事について興味深く描いています。
初日、アキラ100%は新設中の宿泊施設で見習いとして働くことになりました。
アキラは職長である片山裕太さんと、見習いの弟・片山翔太さんと共に作業を始めます。

建設現場ではデジタル化が進んでおり、クラウドで作業が管理されています。

初日の作業は基礎工事で、建物と地盤を強固に結ぶための工事です。
圧接工の役割は、鉄筋同士を熱と圧力で結合させることです。

アキラは最初に「端面処理」という作業に挑戦しました。
ディスクサンダーを使って鉄筋のサビを削りました。
その後、見習いは重い圧接機を使って鉄筋を固定し、資格を持った職長がアセチレンバーナーを使って溶接を行いました。

圧接作業は時間をかけて行われますが、見習いの仕事はこれからが本番です。
職長になるためには、資格を取得する必要があります。
そのため、見習いは作業場で炙りの練習に励んでいます。

この番組では、圧接工の仕事の一端を垣間見ることができました。
努力と経験が求められるこの仕事には、魅力的な報酬と将来の可能性があることも分かりました。
技術の進歩により、建設現場の効率化も進んでいることが紹介され、現代の建築業界の一端を感じることができました。