カズレーザーと学ぶ 高吸収クルクミン京都大学が大注目

<PR>高吸収クルクミン京都大学サプリメントが話題。大好き・カズレーザーがMCの、日本テレビ「カズレーザーと学ぶ。」を中心に、カズレーザーが出演の番組を追っかけます。忘備録てきな、ただのまとめじゃない?情報を提供予定!

「さらば、最終日」 それって実際どうなの課

PR

それって!?実際どうなの課【廃墟問題を徹底調査】【鉄筋工の世界に潜入!】

2021年8月11日放送  日本テレビ
博多大吉(博多華丸・大吉) 博多華丸(博多華丸・大吉) 大島美幸(森三中) 生瀬勝久 森川葵

このエピソードを読んで、私はいくつかの感想を持ちました。

まず、アキラ100%の挑戦精神に感銘を受けました。
彼が見習いとして鉄筋工の仕事に取り組み、運搬に成功するために何度もチャレンジする姿勢は素晴らしいです。

彼の忍耐力と努力を見て、自分も努力を重ねて成果を得ることの重要性を再認識しました。

また、マンションの躯体工事の現場での作業の厳しさに驚きました。
配筋検査までに全ての作業を終えなければならないという時間の制約のもと、アキラは迅速かつ確実に作業を進めていきました。

建物の安全性を確保するために必要な作業を正確に行うことの重要性を感じました。

テレビ番組の内容から、鉄筋工の仕事の大変さや専門性についても学ぶことができました。
鉄筋の運搬だけでも力とバランスが求められることが分かりましたが、まだ他の作業もあることを考えると、鉄筋工の仕事は非常に体力と技術を要するものだと思いました。

最後に、アキラの成長する姿に共感を覚えました。
最初は見習いとしての経験が少ない彼でしたが、時間とともにスキルを磨き、仕事に取り組む姿勢も向上していきました。
このような物語を通じて、努力と経験を積むことで自分を成長させることの大切さを再確認しました。

アキラ100%の見習い体験は、彼自身の成長だけでなく、鉄筋工の仕事の難しさや重要性についても教えてくれる内容でした。
私は彼の頑張りと成果に感動し、自分自身にもっと精一杯努力をしようという気持ちを抱きました。