カズレーザーと学ぶ 高吸収クルクミン京都大学が大注目

<PR>高吸収クルクミン京都大学サプリメントが話題。大好き・カズレーザーがMCの、日本テレビ「カズレーザーと学ぶ。」を中心に、カズレーザーが出演の番組を追っかけます。忘備録てきな、ただのまとめじゃない?情報を提供予定!

「運送業の初日に迎えた挑戦」 それって実際どうなの課

PR

それって!?実際どうなの課【激安(秘)ワケあり物件を調査】【運送業の世界に潜入!】

2021年9月29日放送  日本テレビ
博多大吉(博多華丸・大吉) 博多華丸(博多華丸・大吉) 大島美幸(森三中) 生瀬勝久 森川葵

このテレビ番組の内容を読んで、私の感想を述べます。

まず、運送業は非常に大変な仕事だということがわかります。
アキラ100%さんが20kgの肥料の積み下ろしでダウンしてしまうほどの重労働であることが分かりますね。

しかし、彼は2時間30分で作業を完了させたとのことで、その努力と頑張りが伝わってきます。

また、仕分け作業もありましたね。
バラバラになってくる資材を納品先ごとにまとめる作業は、正確さと効率性が求められます。

アキラさんがたった30分で作業を終わらせたことはすごいと思います。

そして、大型トラックの運転には大型免許だけでなく、けん引免許も必要なことも分かりました。
運送業をするためには、様々な資格や免許が必要なのですね。

それだけ責任のある仕事であることが伺えます。

また、納品先では荷物の運搬だけでなく、誘導も行わなければならないのですね。
運送業はただ単に運ぶだけではなく、現場でのコミュニケーションや協力も重要な要素となるのだろうと感じました。

そして、アキラさんは違うドライバーのトラックにも乗車し、経験を積んでいるとのことです。
見習いドライバーは様々な経験を積むことで、より多くの知識や技術を身に付けていくのでしょう。

最後には、60kgの床材の運び込みに苦戦しているアキラさんの姿が描かれています。

果たして彼は60kgを持ち上げることができるのか、という結果はCM後とのことで、気になりますね。

この番組は、運送業の厳しさや大変さ、そして努力や経験を積むことの重要性を伝えるものと思います。
運送業をしている人々の仕事への情熱や努力に感銘を受けました。