カズレーザーと学ぶ 高吸収クルクミン京都大学が大注目

<PR>高吸収クルクミン京都大学サプリメントが話題。大好き・カズレーザーがMCの、日本テレビ「カズレーザーと学ぶ。」を中心に、カズレーザーが出演の番組を追っかけます。忘備録てきな、ただのまとめじゃない?情報を提供予定!

「漆喰泥だんご日記」 それって実際どうなの課

PR

それって!?実際どうなの課【鍋は太る?太らない?】【光る泥だんごがお金に!?】

2021年10月13日放送  日本テレビ
博多大吉(博多華丸・大吉) 博多華丸(博多華丸・大吉) 大島美幸(森三中) 生瀬勝久 森川葵

このテレビ番組は、泥だんご作りについての興味深い内容でした。
泥だんごを作るためには、石灰系や土系などの素材を使用し、さまざまな技術が必要とされます。
特に左官技術を使うことで、泥だんごに深みのあるツヤやピカピカなツヤを与えることができるようです。

また、泥だんごの価格にも注目しました。
大きな泥だんごは11,111円、小さな泥だんごは1,111円で出品され、おばたはさらに3個の泥だんごを作り、それぞれ1,111円で出品したようです。
値段設定には適切なバランスがあり、泥だんごを作る労力や技術に見合った価値があると感じました。

さらに、おばたのお兄さんが八幡工業を訪れ、左官技能を学んでいたというエピソードも興味深かったです。
八幡工業の社長から筋が良いと褒められたということからも、おばたのお兄さんは左官技術において優れた能力を持っているのかもしれません。

泥だんご作りの過程も詳しく描写されており、荒木田土で作ったどろ団子をぐい呑みグラスで丸く削り、顔料を足した漆喰を作りハケで塗り、さらに磨いていくという手順が紹介されていました。

手間暇をかけて作り上げた泥だんごは、火星をイメージした赤い色合いが美しく、きっと多くの人々を魅了することでしょう。

このテレビ番組を観ていると、泥だんご作りの世界には奥深さと魅力があることを感じました。
泥だんごへの情熱や技術の習得に全力を注ぐ人々の姿に、私も刺激を受けました。

将来的には、自分も泥だんご作りに挑戦してみたいと思うほど、この番組は魅力的でした。