カズレーザーと学ぶ 高吸収クルクミン京都大学が大注目

<PR>高吸収クルクミン京都大学サプリメントが話題。大好き・カズレーザーがMCの、日本テレビ「カズレーザーと学ぶ。」を中心に、カズレーザーが出演の番組を追っかけます。忘備録てきな、ただのまとめじゃない?情報を提供予定!

最後の畳職人の日 それって実際どうなの課

PR

それって!?実際どうなの課【家の不用品スマホ1台で全部売る】【畳職人の(秘)世界】

2020年11月25日放送  日本テレビ
博多大吉(博多華丸・大吉) 博多華丸(博多華丸・大吉) 大島美幸(森三中) 生瀬勝久 森川葵

この番組は、琉球畳職人の日常を追ったものでした。
アキラさんが新入社員の秋山さんと一緒に琉球畳を折る作業を行いました。
そして、親方が角止めと框縫いを行って琉球畳が完成しました。

アキラさんは見習いでありながら、手縫い作業も行いました。

畳職人の現場は分業制で、特に畳替えの時期には1日に50枚もの畳の張り替え作業が行われるそうです。
アキラさんはそのような環境で日々修行を積んでいるのでしょう。

そして、アキラさんと秋山さんは納品用の畳を1から作りました。
親方のサポートを受けながら、歪んだ畳を元通りに直し、表替えの作業も完了しました。
このような技術の習得には、たくさんの経験と忍耐が必要だと思います。

番組の最後では、アキラさんが3日間の給料24,000円を受け取りました。
彼は見習いとしての成果を自慢しました。
この番組を通じて、畳職人の仕事の大変さや技術の高さが伝わってきました。

私はこのような職人の技術や努力にはいつも感銘を受けます。
畳職人の仕事はただ畳を作るだけではなく、その歴史や伝統を守りながら、心を込めて仕事をする必要があります。
彼らの職人技には、日々の努力や経験が詰まっているのだと思います。

番組を見て、畳職人の仕事に興味を持つ人も増えたのではないでしょうか。
私もまた、畳職人の技術を見る機会があれば、ぜひその美しい仕事に魅了されたいと思います。