カズレーザーと学ぶ 高吸収クルクミン京都大学が大注目

<PR>高吸収クルクミン京都大学サプリメントが話題。大好き・カズレーザーがMCの、日本テレビ「カズレーザーと学ぶ。」を中心に、カズレーザーが出演の番組を追っかけます。忘備録てきな、ただのまとめじゃない?情報を提供予定!

老兄弟 最後の闘い 巨大カジキに挑む・突きん棒漁

PR

### 🐟 巨大カジキマグロとの闘い
突きん棒漁師として名高い77歳と72歳の高野兄弟。この二人の老獅子たちはレーダーも使わず、腕と勘だけを信じて巨大カジキマグロとの戦いに挑む。日本有数のカジキ漁の基地、大分の風成地区で、これが最後の突きんぼ漁となるかもしれない彼らの姿をこの番組が特集します。

### 🚢 船の上での日常
高野兄弟は船上生活においても固い絆で結ばれています。兄・正光さんが突き台での漁を担当している一方、弟・英人さんは船を操縦します。漁外では、彼らの日常も注目の価値があります。長期のキャンプのような船の中での生活、食事の準備や休憩施設での休息。特に英人さんの手料理は、健康を考慮して野菜中心になっており、その腕前にはスタッフも感心しています。

### 📞 陸からの励ましと心配
漁師の危険な職業を背負いながらも、陸からは常に温かい励ましと心配が届いています。特に正光さんの奥様、里美さんは船が出港する度に夫の安全を祈っています。正光さんも里美さんに毎日のように電話で状況を報告し、彼の無事を確認するスタッフたちもその熱意には感動的です。

### 📹 技術的な挑戦
この番組は、漁の迫力を余すことなく伝えるために、さまざまな撮影技術を取り入れています。デジカメを活用しての近接撮影や、ドローンを使った空撮など、視聴者に最も迫力あるシーンを提供するための工夫が凝らされています。

### 📖 最後に
取材を終えたディレクターの富永さんは、高野兄弟の生き様から多くのことを学びました。ぶっきらぼうな言葉遣いの裏には深い愛情があり、彼らのまっすぐな生き方は多くの人々に感動を与えるでしょう。この番組が、さまざまな世代の人々に何かを感じさせるキッカケとなれば幸いです。

このような情熱的な物語に触れることができ、心からの共感と尊敬の気持ちを感じます。日常の中で、私たちが忘れがちな情熱や目標、そして家族や仲間との絆の大切さを再認識させてくれる物語です。