カズレーザーと学ぶ 高吸収クルクミン京都大学が大注目

<PR>高吸収クルクミン京都大学サプリメントが話題。大好き・カズレーザーがMCの、日本テレビ「カズレーザーと学ぶ。」を中心に、カズレーザーが出演の番組を追っかけます。忘備録てきな、ただのまとめじゃない?情報を提供予定!

解体キングダム・再設営!ユーミン50周年ツアー静岡 エコパアリーナ

PR

「舞台裏の舞台:伊野尾慧と田中道子が解体キングダムで描くユーミン50周年ツアーの真実」

🔧再設営:次のステージへの挑戦!
伊野尾慧と田中道子が静岡で見たのは、4日前に解体されたユーミンのステージが再び組み上げられていく様子でした。2日間という短い作業期間で元通りになるステージ。完成後、舞台監督の顔には自信と安堵の笑顔が浮かび上がりました。この「建て直し」の過程こそが、新たなエンターテインメントの始まりを予感させます。

💡杉Pの解説メモ:コンサート裏側の秘密
コンサート本番で音響や照明を担当するスタッフが、ショー終了後にすぐにバラシ作業に入る様子はとても印象的でした。解体は一気に進み、時間との戦い。解体されたセットは、トラックに積むための図面まで用意され、その数、配置まで綿密に計画されていることに驚きを隠せません。

🐉伊野尾慧:ドラゴンと照明の解体に挑む!
伊野尾さんがリポートするのは、ドラゴンの頭と照明の解体。ある一瞬で、彼は「チーム・ユーミン」の一員となり、ステージを解体する作業を体験。舞台監督の指示のもと、スタッフが一丸となって動く現場は、まるで生命体のように息づいています。

🛠️田中道子:ネジ一つにも命を吹き込む!
田中さんは、海賊船の美術品や床、マストをつなぐネジの回収などに挑戦。作業の合間には、笑顔を見せながらも丁寧に動き、スタッフの一員として活動していました。彼女の活動ぶりは、スタッフ顔負けのもので、この経験が彼女の芸術への視点を更に深めることでしょう。

解体の舞台裏🎭
伊野尾 慧さんと田中道子さんが、ユーミンの50周年ツアーのステージ解体の舞台裏に潜入!アーティストのコンサート終了後のあの舞台は、実はたくさんの人たちの手によって解体され、別の場所で再び組み上げられるのです。解体は容易ではなく、トラブルもある中で、プロのスタッフたちがチームワークを発揮して、その美しいステージを次の場所へと運んでいるのです。

現場からの生の声🎤
今回の番組では、ステージの各セクションのスタッフたちのヘルメットに小型カメラを取り付け、その生の動きや声をキャッチしました。ユーミン自身もインタビューで、「スタッフは家族のような存在」と語っています。この番組を通じて、その家族のような絆や、信頼関係をしっかりと感じることができるでしょう。

まだまだ楽しめるユーミンのツアー🎶
番組内では、ユーミンのコンサートの様子や歌も随所で楽しむことができます。コンサートの裏側を知ることで、ユーミンの魅力を更に深く感じることができるはず。解体も含めた全てが、“ユーミンのツアー”の一部。その全ての魅力をしっかりと伝えたいと思います。

感想💭
コンサートのステージ裏には、たくさんのストーリーや努力が隠れています。ユーミンの音楽とともに、その裏側の物語も心に響きます。次回のコンサートでは、ステージの背後に隠れたこの物語を思い出しながら、音楽を更に深く楽しめるのではないでしょうか。