カズレーザーと学ぶ 高吸収クルクミン京都大学が大注目

<PR>高吸収クルクミン京都大学サプリメントが話題。大好き・カズレーザーがMCの、日本テレビ「カズレーザーと学ぶ。」を中心に、カズレーザーが出演の番組を追っかけます。忘備録てきな、ただのまとめじゃない?情報を提供予定!

白馬村・マウンテンビーチ、ゴンドラサウナや貸切サウナも

PR

高標高でビーチ気分!? 白馬マウンテンビーチの魅力を探る【長野】

1. 山の上でのんびりビーチタイム
「山の中にいながら、南国気分、ビーチにいる気分を!」とは稲葉陽子アナウンサーのコメント。そう、白馬八方尾根・うさぎ平にある「白馬マウンテンビーチ」は、標高1400メートルの地点に位置しているのです。ここは、まさに“山の上のビーチ”。北アルプスをバックに、白馬村の美しい景色を堪能できます。

2. リゾート感溢れる白馬マウンテンビーチの施設
白で統一されたデッキや壁、そして涼しげなパラソルやハンモックがビーチの雰囲気をしっかりと演出。白馬観光開発の栗田将伍さん曰く、「登山だけでなく、もっと別の雰囲気を感じてもらいたい」という思いから、この特別な空間が作られました。色鮮やかなドリンクを手に、多くの観光客がリラックスしている様子が伝わってきます。

3. ゲストからの嬉しい声
安曇野市や愛知県から訪れたゲストは、山の中でのビーチ体験が新鮮で、心地良いと絶賛。特に、ジャグジーやサウナも楽しめることから、東京からのゲストも「山々を見ながら、外気浴でのんびりできるのは、なかなかない」と高評価。さらに、16日には2000人以上が訪れるなど、人気スポットとなっています。

感想
山の上でビーチ気分とは、一風変わったアイディアだと思いました。しかしその斬新さが、多くの観光客を魅了しているのでしょう。これからの夏の行楽シーズン、白馬マウンテンビーチはさらなる注目を浴びそうですね。私も一度、そのリゾート気分を味わってみたいと思います!

#白馬マウンテンビーチ #長野観光 #高標高リゾート