カズレーザーと学ぶ 高吸収クルクミン京都大学が大注目

<PR>高吸収クルクミン京都大学サプリメントが話題。大好き・カズレーザーがMCの、日本テレビ「カズレーザーと学ぶ。」を中心に、カズレーザーが出演の番組を追っかけます。忘備録てきな、ただのまとめじゃない?情報を提供予定!

ガイアの夜明け、GTN:外国人労働者のサポート会社、大分の文具メーカー「ワンチャー」

PR

令和の“開国”:日本企業と外国人労働者の新しい関係
1. 『ガイアの夜明け』の視点
きょう、テレビ東京の人気経済ドキュメンタリー番組『ガイアの夜明け』では、日本の企業と外国人労働者との新しい取り組みをフィーチャー。島国ニッポンが令和の時代に“開国”へと動き出し、老舗ホテルや伝統文化を支える外国人労働者たちの活躍が紹介されます。

2. 外国人労働者が織り成す新しい風景
長野県の白樺湖にある「白樺リゾート池の平ホテル」は今年の4月にリニューアルオープン。驚くべきことに、ホテルのフロントやレストランで働くスタッフは、ネパールやインドネシア、台湾などからの外国人人材。日本の観光業が、このような国際的な協力のもと、新しい形を模索していることが感じられます。

3. GTN:外国人労働者のためのサポート会社
外国からの新しい仲間たちが日本での生活をスムーズにスタートさせるため、GTNという会社がその課題を解決するサポートを行っています。GTNの後藤氏は、日本企業と外国人労働者のマッチングを専門としており、自ら海外でのリクルート活動に励んでいます。

4. 伝統と国際性が交差する場所
そして、外国人労働者と日本の伝統が交差する場面も。大分・豊後高田の文具メーカー「ワンチャー」では、インドやベトナム、アフリカといった多国籍なスタッフが、日本の伝統工芸を取り入れた商品の製造に携わっています。特に、伝統工芸を取り入れた高級万年筆は、海外での人気が高まっているとのこと。


日本の企業と外国人労働者が共に成長し、新しい価値を生み出す取り組みは心温まるもの。このような動きが、日本の未来を明るく照らしてくれることを信じています。異文化の理解と共生の精神が、より多くの場所で花開くことを期待しています。

「新風を吹かせる!日本の企業と外国人労働者の協働」

#ガイアの夜明け #外国人労働者 #日本の企業