カズレーザーと学ぶ 高吸収クルクミン京都大学が大注目

<PR>高吸収クルクミン京都大学サプリメントが話題。大好き・カズレーザーがMCの、日本テレビ「カズレーザーと学ぶ。」を中心に、カズレーザーが出演の番組を追っかけます。忘備録てきな、ただのまとめじゃない?情報を提供予定!

梅沢富美男、誹謗中傷を‘歓迎’?名前売れるし、炎上希望と持論展開

PR

梅沢富美男、誹謗中傷への対応を語る
梅沢富美男さん(72歳)、あのベテラン俳優が17日、TOKYO MX「バラいろダンディ」に出演し、最近問題となっている有名人への誹謗中傷について自身の持論を展開しました。梅沢さんの見解は、多くの議論を引き起こすことでしょう。

有名人への誹謗中傷を歓迎する理由
話題が盛んに議論されているSNSの誹謗中傷になると、梅沢さんは「“俺たちが正義の使者”だと思って書き込んでる人がいるけども。勘違いするなよ、芸能人は“好き”とか“嫌い”とか言ってもらってるのが幸せなんだよ」と独自の見解を述べました。

「無視されること」が最も辛いと梅沢富美男
そして梅沢さんは、「一番芸能人が辛いのは無視されることなんだよ。書いてもらってる方がよっぽどいいんだよ。俺が言ったことについて“あのジジイ”とか書いてもらった方がいいんだよ。名前も売れるし、認知度も上がるんだから」と語りました。「今の話を聞いて、もっと書け。炎上させてくれよ、頼む。そのためにこの番組に出てるんだから」と彼は持論を展開しました。

感想
この梅沢富美男さんの見解は、皆さんにとってかなり衝撃的なものかもしれませんね。しかし、一方で彼のこの言葉から、芸能人が社会の評価や意見に晒される立場の厳しさと、その中で立ち続けるための一つの生き方を垣間見ることができるのではないでしょうか。また、その中には、視聴者やファンからの反応がどれほど大切か、という梅沢さんの芸能人としての矜持も感じ取ることができます。

#梅沢富美男 #誹謗中傷 #芸能人の生き方