カズレーザーと学ぶ 高吸収クルクミン京都大学が大注目

<PR>高吸収クルクミン京都大学サプリメントが話題。大好き・カズレーザーがMCの、日本テレビ「カズレーザーと学ぶ。」を中心に、カズレーザーが出演の番組を追っかけます。忘備録てきな、ただのまとめじゃない?情報を提供予定!

不老不死2022/10/16

PR


2022年10月16日放送 日本テレビ
カズレーザーと学ぶ。
初回放送直前!不老不死は実現するのか…?復習スペシャル


「超ハードコア教養バラエティー カズレーザーと学ぶ。」の最新回では、最新技術によって変わりつつある現代の生と死について学びました。不老不死の実現性や遺伝子編集の可能性、最期を笑顔で迎える方法、そして機械と意識の未来についての知識が紹介されました。現代の科学の進歩によって、私たちの生と死に対する考え方も大きく変わりつつあります。

最新技術で変わる現代の生と死


番組では、2020年のノーベル化学賞受賞者による寿命延長の遺伝子研究について紹介されました。遺伝子編集技術「クリスパー・キャスナイン」によって、受精卵の段階で遺伝子を編集することで容姿や身体能力、病気の耐性を自由にコントロールできる可能性が示唆されています。しかし、まだ副作用や倫理的な問題も解決されていないため、受精卵の遺伝子編集は制限されつつあります。しかし、難病の治療やガンの研究など、遺伝子編集が病気をなくす世界の実現に大いに期待されています。

寿命延長と遺伝子編集の可能性


さらに、エピジェネティクスという概念によって老化のメカニズムを解明し、遺伝子のスイッチを切り替えることで老化を防ぐ可能性も浮上しています。エピジェネティクスはガンの要因にも関与しており、ガンの予防にもつながると期待されています。現在の寿命の推定は約120歳ですが、エピジェネティクスの進展により、今の30歳の人々が120歳まで生きることも現実的な可能性とされています。

最期を笑顔で迎える方法


番組では、めぐみ在宅クリニック院長でホスピス医として活躍する小澤竹俊さんによる、最期を穏やかに迎える方法についてのお話もありました。小澤さんは3500人以上の患者を看取ってきた経験から、最期に自分の大切な何かを他の誰かに委ねることができれば、穏やかな最期を迎えることができると述べています。最期の時間を誰かと共有し、認められることが、死を迎える人々にとって心の平穏をもたらすのです。

機械と意識の未来


東京大学の脳科学者である渡邉正峰さんは、機械の体で永遠の命を実現する可能性について解説しました。脳のニューロンが電気信号でつながり、運動や感覚、思考を生み出していることから、脳の電気信号を読み取り、機械やロボットを動かす実験も行われています。意識のアップロードという考え方もあり、人間の脳を機械にWi-Fiで接続することで、人間の意識を機械にアップロードし続ける未来が訪れるかもしれません。不老不死の実現確率は70~80%であり、その実現は20年以内にも可能とされています。

感想


近年の科学の進歩は、私たちの生と死に対する考え方を大きく変えつつあります。不老不死の実現や遺伝子編集による病気の治療、意識のアップロードなど、これまでの常識が通用しない未来が待っています。