カズレーザーと学ぶ 高吸収クルクミン京都大学が大注目

<PR>高吸収クルクミン京都大学サプリメントが話題。大好き・カズレーザーがMCの、日本テレビ「カズレーザーと学ぶ。」を中心に、カズレーザーが出演の番組を追っかけます。忘備録てきな、ただのまとめじゃない?情報を提供予定!

脳の謎: 局所性ジストニアとイップスの関係性,堀澤士朗先生

PR


2022年11月8日放送 日本テレビカズレーザーと学ぶ。
脳科学が解明!イップスは心の病じゃない

脳科学の新発見: イップスの正体

先日、日本テレビで放送された「カズレーザーと学ぶ」のエピソードでは、イップスと呼ばれる現象について、興味深い議論が行われました。イップスとは、特定の動作が思うようにできなくなる状態を指しますが、この現象は一般的に「心の病」と誤解されがちです。しかし、堀澤士朗先生によれば、イップスは実は脳の疾患である「局所性ジストニア」だとのことです。

局所性ジストニアとは何か?

この「局所性ジストニア」は、特定の動作だけに影響を及ぼし、MRIなどの検査では異常が確認できないという神秘的な疾患です。特定の動作を繰り返すことで脳の指令異常が起き、思うように体が動かせなくなるとされています。そして、この局所性ジストニアの治療法として、定位的熱凝固術という手術が存在します。

治療の過程と結果

定位的熱凝固術とは、患者が意識のある状態で行われる手術で、脳に電極を刺し、患者にできなくなった動作をやらせながら手術が進められます。しかし、感覚を取り戻すためにはリハビリが必要であり、すべての患者が完治に至るわけではないというのが現実です。

テレビ番組を通してこのような新しい知識を得ることができ、私自身とても興味深く感じました。私たちが日々無意識に行っている動作が、実は脳の複雑な働きによって成り立っているという事実に驚きました。これからも脳科学の新たな発見に期待しながら、日々の生活に臨んでいきたいと思います。


#カズレーザーと学ぶ #イップス #局所性ジストニア